病んだ時には筋トレ。どうせいつかは死ぬさ

当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。
当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。
うつ病
当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。
当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

 

超筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超科学的な理由

超筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超科学的な理由

Testosterone, 久保孝史, 福島モンタ
1,595円(04/22 03:17時点)
発売日: 2018/04/24
Amazonの情報を掲載しています

仕事が合ってなくてあえなく休職。

半年の休職を経て、自分的にもいけるぞってテンションになり、リハビリ出勤開始。

3週間が経過し、それなりに調子もいい。問題ないじゃないか俺!いけるぞ!

…が、GW後半に鬱再発。

布団から起き上がれず。

GW明け上司に電話。「すいません、しんどいです」

 

そして、再び、休職へ。

ただただ死にたい

 

今回のはしかしきつい。

まあ、死にたい。

稼ぐことができない自己嫌悪。

妻とはセックスレスで夫婦仲も最悪。

子供はただただ鬱陶しい存在。

ずぅーと布団の中にいる日々。

 

定期的に通院している心療内科にて、

トレドミン、デプロメール、リーゼ

に加え、

ラツーダを追加で処方される

 

二日程度はずっと動くこともできず

ずっと横になるだけの日々。

 

死にたい

働いてお金を稼ぐこともできず

貯金を切り崩す日々

こんな毎日を繰り替えすくらいなら

命を自らたち、その保険金で家族を養うだけのお金を残した方がいいのでは

と何度も思う。

が実行する元気もない

 

そんな中で、一冊の本に出会う。

西加奈子著 『くもをさがす』

くもをさがす

くもをさがす

西加奈子
1,386円(04/22 03:17時点)
発売日: 2023/04/18
Amazonの情報を掲載しています

カナダに移住し、慣れない異国暮らしのなか、作家業や育児に奮闘している最中、

乳がん(しかも悪性度の高いトリプルネガティブ)が発覚。

異国カナダにて抗がん剤治療、両胸の切除手術を通し、がんの恐怖に立ち向かい、決して生きることをあきらめない

とても強い、強く輝いている美しいお話だった。

 

この本に勇気をもらった。

文字にするととても陳腐に写ってしまうが、ただただ生きる勇気と、生きねばならないという使命感を植えつけられた。

 

本の中で、カナダの看護師に「あなたの身体のボスはあなた。どんな治療をしたいか、またはしないかを選ぶのはあなたよ」

と告げられる。

ああ、なんと自立した精神なのか。

この精神を見習いたい。

 

ついつい、他人に合わせ他人の望む自分になろうとする私にとって、

この精神が必要だなと強く実感した。

 

読み終え、1週間ほどが経とうとしているわけだが、薬の効果も相まってなのか、

すこしずつ精神が上向いているのが実感できる。

自分の調子をわかってあげられるのは、私だ。

 

途端に筋トレがしたくなった。

自宅で腕立て伏せ、スクワットをする。

それぞれ20回ほどする。

たったそれだけなのに、心が軽い。

筋トレしているとき、頭が空っぽになり

死にたいだの、セックスレスでツライだの、子供の相手をしてあげられない自分の不甲斐なさを責めるだの

という自己嫌悪がまったく起こらない。

 

そこにあるのは心地よい疲労感だけだった。

死にたくなったら筋トレ。

どうかみんな死なないでほしい。

最後までよんでくれてありがとう。
テストステロンさんの本は、アマゾンのサブスクで読み放題。
おススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました