【キャンプ歴3年】車中泊グッズはこれがおすすめ

当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。
当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。
遊び
当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。
当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

こんにちは、とつです。

中学高校と登山部だった僕は、世の中のキャンプブームに影響され再びキャンプ沼にはまり早3年。

キャンプの新たな形として車中泊というスタイルも流行っている今、学生時代からキャンプをやってきた僕から見た車中泊するときに買っておきたいモノを選んでみました!

それではやっていこう!!

タナベスポーツ キャンプレンタル

これは絶対買うべし

JAFのサービスでドライブを快適に!

マット

慣れない車内での睡眠は、マットを敷いて寝心地アップさせましょう!

キャンプ用のマットには大きく2種類あります。

  • インフレータブル(空気を入れて膨らませるやつ。クッション性最高)
  • スポンジタイプ(EVAとか弾力性のある素材でできたタイプ。広げるだけですぐ寝れる)

個人的には、クッション性が抜群のインフレータブルタイプがおススメ!

 

キャプテンスタッグ EVA フォームマット 56×182cm M-3318

キャプテンスタッグ EVA フォームマット 56×182cm M-3318

2,236円(06/14 14:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

寝袋(シュラフ)

キャンプ場って山奥だったりするわけで、やはり標高も高くなる分気温も低め。

夏でも薄手の化繊素材の寝袋はあった方がいいと思います。

でさらに秋冬になると欲しくなるのがダウンの寝袋。

ダウンの寝袋に包まれて眠ると暖房をつけた自宅と同レベルいやそれ以上のあったかさになります!

ただ、ダウンの寝袋は高価なものばかり。。。

そんな時は、夏用寝袋にフリース生地の寝袋を重ねるという裏技もあります!
コスパがよくておすすめ

ランタン

照明がないですから、2~3個持っておくと何かと便利
↓みたいな使い分けができますよ

  1. ヘッドライト
  2. キャンプサイトを照らす用
  3. テーブルの上におく卓上ライト
ロゴス ヘッドライト ROSY LEDヘッドライト 74176006

ロゴス ヘッドライト ROSY LEDヘッドライト 74176006

1,078円(06/14 14:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

扇風機

アイドリング禁止などでエンジンをかけることができない場面があるかもしれません。夏は山とはいえども、窓を開けておくだけだと風が吹いてくれないと熱いです。

充電式の扇風機を持っておくと現地に移動中に充電しておくこともできます

 

 

買っておくと車中泊が捗る

たけるくん

キャンプに炊飯器、持っていけます。

シガーソケット給電で使うことができる炊飯器です

直流炊飯器 タケルくん DC12V専用 JPN-JR001

直流炊飯器 タケルくん DC12V専用 JPN-JR001

5,000円(06/15 09:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

車用タープ

車用タープが映える車がほしい。。。(笑)

タープって支柱がないと張るのめんどくさいですよね。でも車があればルーフレールに固定することができるので楽ちん。これぞ車中泊のメリットでもありますね!

車用断熱材・カーテン

車種が限定されますが、専用の窓にはれる断熱材をうってますね。

目隠しにもなるし防犯もできて一石二鳥

 

ポータブル電源

いまや防災グッズにもなりつつあるポータブル電源。

スマホ、ゲーム、PC、ランタン、扇風機etcと、すべてが電気が必要。

これさえあれば車中泊で連泊も余裕でしょう

 

ハイエースで車中泊とかあこがれるなぁ

しっかり装備を整えて、チュートリアル徳井さんのような車中泊キャンパーになりたいなあ

タナベスポーツ キャンプレンタル

まずはキャンプから始めてみたい!

そんな方にはキャンプ用品のレンタルもおススメ
お得にキャンプしちゃいましょう!キャンプ用品を見てみる

タナベスポーツ キャンプレンタル

コメント

タイトルとURLをコピーしました